風俗の仕事の種類と内容について

「デリヘル」の仕事の流れとは

現在日本で1番お店の数が多い風俗の一つである「デリヘル」ですが、実際にどのようなサービスをするのでしょうか?
その仕事内容について御説明していきます。

「デリヘル」とは「デリバリーヘルス」の略で、その名の通りヘルスサービスをデリバリーするといった意味となります。
ですので、店舗を持たない無店舗型であり、受付所もないのでお客様の予約などは全てスタッフが電話かWebで受付しています。

また、無店舗型ですのでお客様がサービスを受ける場所はお客様の自宅かホテルなどの部屋になります。
そこに女の子が専属ドライバーが運転する車で伺い、サービスを行うといった流れになります。

店舗型の風俗店とは違い、深夜帯の営業が認められていることが「デリヘル」の特徴となります。
また、指名が入るまでは一人部屋か他の女の子と同じ部屋で待機しておき、自由に過ごすことができます。

「デリヘル」のサービス内容

「デリヘル」が行うサービスの流れを御説明していきます。
まず、自宅orホテルに伺います。
簡単に挨拶と自己紹介をして、利用時間の確認をします。
その後、一度お店に電話で利用時間を伝え、お客さんをシャワーに誘導していきます。
お客さんの体をシャワーで流したあとは体を拭いて、ベッドに移動しプレイを行います。
サービス終了後は、またシャワーでお客さんの体を洗い、帰る身支度をします。
もしも時間が余れば、お客さんと他愛のない話をし、終了時間になったら部屋を退室します。
一般的にはこのような流れでサービスを行います。

また、プレイの内容は、キス、全身リップ、69(シックスナイン)、素股、フェラチオ、手コキなどがあります。
あくまでも一般的なプレイ内容なので、お客さんが満足してくれれば全てを行う必要性はありません。
お客さんから「〇〇をしてほしい」という要望があった場合は対応してあげるといった感じで問題ないでしょう。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ